3年で変わったこと。

カテゴリー ニュース

3年で変わったこと。

 

最近、引越しをして、子犬をもらったんです。

宿毛のお魚屋さんで生まれた子犬。

 

12528269_1060816157331842_773731738_o

 

名前は黒松。

黒っぽい毛並みだし、雄だし、

私の中で「おそ松さん」が空前のブーム。

ちなみに、一松が好きです。

 

image

 

1日に1回散歩へゆきます。

黒松はとてもきれいな川の水をぐいぐい飲みます。

河原で飼い主はボーっとして、

黒松は流木をかじっては捨てを繰り返しています。

私は基本的に猫が好きだし、猫と2年以上暮らしているし、

虎年なのもあってか、猫の生態はなんとなくわかります。

だから、犬の動きは予想外なことばかり。

なんでなんで?と脳内に血が巡ります。

予想外なことは、気づきを与えてくれるからいいですね。

 

12755058_1060816140665177_1480771654_o

 

黒松は抱っこしていると、そのまま眠ることがあります。

番犬の予定なのに、大丈夫なのかと心配になるほど。

お腹をだして、無防備極まりない。

 

12751893_1060816103998514_1903692855_o

 

眠るといえば、私は3年前までは助手席でよく眠る人でした。

当時はその人を信頼していたのだと思います。

いつからか、眠れなくなってしまいました。

重なるようにいやな出来事があって、

助手席自体が恐ろしい代物に。

 

今はふぃじ子の運転する車の助手席は落ち着いていれるし、寝れる。

ふぃじ子のともだちの運転する車も大丈夫だった。

信頼している人のそばでは眠れるんだと思います。

この1年、荒療治や!と他人の助手席に乗ったこともあったけど、

落ち着かないことが多かったし、眠れるわけもない。

 

だけど、ある日、ふとした拍子に

他人の助手席で寝てしまった時があって、

私はその人のことを信頼しているんだなと思ったりもしました。

疲れていただけかもしれないですけどね。

一定の信頼のバロメーターは

そばで眠れるかどうかなんじゃないかしら。

 

黒松の登場と、重なった引越しに、

先住猫はけっこうご立腹で、一緒に眠ってくれなくなっていました。

最近はまた一緒に昼寝をすることになりました。

信頼関係なのか、はたまた、まだ寒いから

飼い主(湯たんぽ)に引っ付いたほうが利があるからなのか。

猫の気持ちは気まぐれですから、

わからないでよいままのこともありますものね。

 

12755080_1060816123998512_1973555771_o

 

また眠りたいと思います。

 

ちゃんちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください